刑務所サバイバル

デッドマンワンダーランドは、月刊少年花形で

2013時世まで連載された刑務所サバイバル行いだ。

クラスメイトを空中に浮かんでいる赤いパパに惨殺され、

その間違いをなすりつけられた五十嵐丸太が死刑の宣告を受け

極上民営化牢獄のデッドマン・ワンダーランドに収監されることから

こういうお話は始まります。

こういう牢獄の囚人には間違いの枝という血を自在に押さえることが出来る

断定能力があるのですが、キャラクターの五十嵐丸太も赤いパパにて

間違いの枝が払えるようになっていらっしゃる。

そうしてデッドマン・ワンダーランドの裏側の面持ちは、

デッドマン友達による武芸会を開催しているのです。

サシで戦いどちらかが用件不能に陥るか死ぬまで続けられるこういう武芸会は、

非人道的な遊戯芝居となっていて権力奴を楽しませるために行われていらっしゃる。

そうして落第生は、人体の一部を追加しなければならないのです。

メイン仲間の千事清正は、五十嵐丸太との対戦に負けし

右目を麻酔なしで誘い出し追加しました。

どうしてあたいは、冤罪で死刑にならなければならなかったのか、

何でクラスメイトは赤いパパを通じて惨殺されなければいけなかったのか、

間違いの枝はなんなのか、デッドマン・ワンダーランドの真の目論見は、

今や完結してる戯画なので待ち遠しくて中途半端燃焼せずに

丸ごと読み切る事が出来ます!