少年時代のあの太陽に多少なりとも

私の趣味はロックであり、ギターも歌唱します。安っぽいギターしか持っていませんでしたので、インセンティブが出て、この際って20万円ほどのエレキギターを購入しました。最も、厳しいギターは、物音の厚さという華麗さが変化、本物のロックンローラーになれたように考え違い講じるほどだ。ギターを持って鏡に思える形は、以前の憧れの形でした。ギターの魅力は、単純に渋いことです。少年時期から憧れてきたギタリストに、大人になった今も憧れて、おっきいギターを買った俺は、少年時代のあの太陽に多少なりとも近づけたようなメンタルになれました。ギターによって、かっこいい大変ケースも買いました。もうすぐ周囲とバンドを組んで、ライヴを決めるという話になっています。昔は、バンドを組んでいたので、実に楽しみです。曲中身にも挑戦して、俺はこういうギターを買って、毎日が充実して、恥ずかしながらこういう年齢で毎日ギターを弾くたびにドキドキしてある。大人になり、空論も思いもありませんでしたが、こういうギターを手に入れて、バンドを形作り、歌唱するという、低いながら、楽しみが出来ました。俺はこういうギターを買って実際良かったとしてある。そうして今日もギターを弾いて楽しんでいます。